中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
中国の複数地域でPCR検査料金さらに引き下げ どうして可能か?
  ·   2021-09-02  ·  ソース:人民網
タグ: 医療;PCR検査;経済
印刷
河北省雄安新区容城県のある小学校で、児童に対するPCR検査を実施する医療スタッフ(資料写真)。

上海市はこのほど、公的医療機関における新型コロナウイルス感染症のPCR検査の1検体あたりの検査料金を引き下げ調整し、60元(1元は約17.1円)に引き下げることを明らかにした。中国新聞網アプリが伝えた。

大まかな統計によると、今月に入ってから青海省、河北省、江蘇省など10数省がPCR検査費用の引き下げを発表した。うち山東省は各レベル公的医療機関の検査費用の上限を1回あたり45元とした。河南省は複数検体混合方式の検査1人1回あたりの費用をこれまでの20元から15元に引き下げ、化学発光酵素免疫測定法の検査1人1回あたりの費用は25元から20元に引き下げた。

なぜ中国のPCR検査料金の相次ぐ引き下げが可能になったのか。

■各地で大量調達がスタートしたから

PCR検査料金の引き下げは、検査用試薬と検査用消耗品の調達価格の引き下げと切り離せない。実際、感染症が発生してから、政府は関連製品の大量調達を積極的に推進してきた。

今年1月には、中国国務院共同対策メカニズム総合チームが通知を通達し、各地は集中的な大量調達方式を積極的に模索し、PCR検査の試薬と医療用防護用品などの消耗品を大量調達して、検査コストを引き下げなければならないと強調した。

各地は相次いで試薬と関連消耗品の大量調達に乗り出した。

広東省を例にすれば、昨年から同省医療保障局が試薬と関連消耗品の集中的大量調達を2回行い、平均価格の低下幅が78%に達した。1検体あたりの検査費用は58.41元に、複数検体混合方式の検査費用は20元に下がった。

北京、天津、河北3地域は試薬の共同調達を行った。8月には3地域からの要請を受けて、山東省も共同調達に加わった。

河南省が集中的大量調達した試薬のケースあたり平均価格は10元に満たず、1人あたりの検査費用も引き下げられた。

■試薬の1日あたり生産能力が大幅向上したから

PCR検査料金の引き下げは、検査用試薬などの関連製品の生産能力の大幅向上とも切り離せない。

データによると、20年3月31日現在、国家薬品監督管理局は25種類の検査試薬の緊急使用を承認し、そのうちPCR検査試薬は17種類、抗体検査試薬は8種類だった。当時のPCR検査試薬の1日あたり生産能力は306万人分、抗体検査試薬は120万人分、計426万人分だった。

21年6月末現在、同局が承認した新型コロナウイルス検査試薬は59種類あり、そのうちPCR検査試薬は29種類、抗体検査試薬は27種類、抗原検査試薬は3種類となっている。

メディアが伝えたところによると、関連企業から提供されたデータ統計を見ると、PCR検査試薬の1日あたり生産能力は今では2675万1千人分、抗体検査試薬は1646万人分、抗原検査試薬は190万3千人分、計4511万4千人分となっている。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号-4 京公网安备110102005860

中国語辞書:
亚欧洲乱码视频一二三区,日韩精品毛片无码一区到三区,国产精品久久久久久久久久久不卡,搡老女人老妇女老熟女